Hopinとどう違うの?



HopinとRemoはどちらも、主催者及び参加者にとって自由度の高いオンラインイベントの会場を提供します。

2つのプラットフォームの共通点としては、主催者によるイベント形式のカスタマイズ性の高さです。

例えばどちらのプラットフォームでも、大規模なウェビナー形式でのプレゼンテーション機能を備えながら、参加者同士の交流を実現するネットワーキング会場の設定が可能です。


Remoの場合は、ホストとゲストの両方にとってイベント中の会場での行動や、その会場カスタマイズの自由度がさらに高いです。

イベント参加者はRemoのイベントスペースを自由に移動できるため、着席するテーブルを選択し、話してみたい参加者と同席する事で会話が可能です。参加者に選択肢が無く、強制的に会話のグループに入れらることはありません。


イベント主催者はRemoを使用する事で、多くの会場のカスタマイズが可能です。例えば、イベントのブランディングに合わせた、会場のデザイン、色、レイアウトなどイベントのスペースを自由にカスタマイズする事ができます。詳しくはカスタムフロアプランについての記事をご参考下さい。


イベントを作成する際にお選びいただけるデザインにはバリエーションをご用意していますが、必要に応じてカスタムでフロアプラン全体を一からオリジナルのデザインも可能です。