本ページの記載は「英語」での利用を前提としております。

Remoはユーザー体験を素晴らしいものにする事を目標しています。現在、Remo のプラットフォームにて字幕機能はまだサポートされていませんが、イベント中に字幕機能を使えるようにするために、いくつかのアプリケーションと連携し、実現できるようになりました。アプリケーションによってはイベント中に文字を画面上に表示できるアプリもあれば、事前に録画したビデオに字幕機能を追加でき、実際のイベント時に問題なく文字が表示できるアプリなどが使えます。

アプリの詳細と操作方法については次の通りです。:


1. Youtube


YouTube の場合、YouTubeの字幕機能をご利用いただけます。


字幕機能を活用するには、まず事前にイベントにてシェアするビデオを録画する必要があります。録画したビデオを編集し、必要なキャプション(字幕)を追加したら、再度、YouTube にアップロードする必要があります。イベントが開始して参加者に共有する際は、予めアップロードしたビデオをRemo Conference上で共有するのみです。ビデオの共有方法はこちらの記事を参照ください。


注意事項:必ずビデオをYouTube にアップロードしたら、字幕機能をオンにしてください。なお、ビデオを参加者に共有した場合は、必ず参加者の画面上で以下の画面ショットの様に、字幕機能(CC、Closed Caption)ボタンをクリックして、有効化してください。



同様に、プレゼンテーション中に配信したいYouTubeビデオがある場合は、選択したビデオで字幕が既に有効になっていることを確認してください。(ビデオの設定により有効化されていない場合があります)又、ビデオ共有後、参加者に字幕ボタンをクリックするように依頼するだけです。

Youtubeの字幕機能はとても便利で、使いやすく、無料で、自動キャプションを生成できるので優れています。
ただし、これらの自動生成されたキャプションは時々ビデオの会話の内容とずれている可能性があるため、予めYouTubeにビデオを投稿する場合は、字幕の内容に差分がないかどうか確認してください。


または、Google Docs などの音声入力機能を使ってキャプションを生成し、手動でYouTubeに字幕を挿入することもできます。操作手順は下記の通りです。

  1. ビデオを録画してYouTubeにアップロードする(字幕の追加を許可していることを確認)。
  2. 次に、パソコンでGoogle Docsを開き、[ツール]> [音声入力]> [クリックして話す]をクリックします。アップロードした動画をスマートフォンで再生し、開いているGoogle Docsの近くに置きます。その後、Google Docs が電話から音声を拾い上げ自動で文字を生成してくれます。*機械での自動生成なので誤った文章や文字が記載される可能性があります。手動で修正してください。
  3. 最後に、完成した文章をコピーしてYouTubeの字幕機能に貼り付けて完了です。
    こちらのリンク からYoutubeにアクセスしてください。


2. Rev.com

Rev.comが提供している字幕ツールを使えば、イベント前にキャプションをより簡単に作る事ができます。操作手順としてはまず、Rev.comにビデオをアップロードするか、YouTube又は、Vimeo のビデオリンクを登録してください。アップロード後、キャプション用のファイルがお客様宛に送られてきます。12-24時間の間にファイルをアップロードして、完了です。他にも、ビデオ編集用のツールなどが備わっていて字幕のキャプションの編集なども可能です。

さらに、専門家による字幕のサービスも行っています。残念ながら無料ではありませんが、ビデオの撮影時間によって金額が異なります。


詳しい詳細についてはこちらのリンクからウェブサイトにアクセスしてください。


3. AHD Subtitle Maker


AHD Subtitle Makerで、事前に録画したビデオに字幕やキャプションを簡単かつ無料で追加する事ができます。


操作手順としては、アプリケーションをダウンロードし、ビデオの編集中にいつでも必要なときに手動で字幕を入力することができます。

しかし、お手元のパソコンにインストールする必要があり、無料版のため、時々機能しない恐れがあります。


詳しい機能詳細についてはこちらのリンクを参照してください。


4. Jubler


JublerはAHD Subtitle Maker と似ていて、イベントの前に字幕用のキャプションを簡単に作成するための無料ツールです。

Jubler の素晴らしいところは「オーディオウェーブ」機能を活用する事でキャプションをより正確にする事が可能です。AHD Subtitle Makerとは異なり、MacとWindowsの両方のユーザーが利用する事ができます。しかし、このツールを使用する場合はキャプションの手動入力とアプリケーションをお手元のパソコンにインストールする必要があります。

詳しい詳細についてはこちらのリンクから参照してください。


5. Web Captioner

ライブキャプションをお探しの場合は、Web Captioner をご活用してください。非常に使いやすく、ユーザーの発言をリアルタイムでキャプションとして書き写すことができる無料のアプリケーションです。

操作手順は次の通りです。

  1. こちらのリンクからアプリケーションを開いてください
  2. アプリケーション開いた後、画面右下にある[キャプションの開始]をクリックするだけです。

Remoのイベント画面に戻り、通常どおりにプレゼンテーションを開始します。しかし、こちらのツールを使う場合は、会話を始める前に必ず、[画面の共有]アイコンを押して、Web Captionerのアプリケーションクリックして起動してください。会話をスタートしたらリアルタイムでユーザー同士の会話が字幕で表示される様になります。

詳しい機能詳細についてはこちらのリンクを参照してください。


6. Otter.ai

Otter.aiを活用すると、オーディオをベースにリアルタイムで簡単にキャプションを取ってくるもうう1つの無料のオンラインアプリケーションです。 Otter.aiを使用する場合は、アカウントを使用する前に、まずアカウントにサインアップする必要があります。

アカウント登録後、ホームページの「録音」ボタンを押すだけで使える様になります。主な機能としては、Otter.aiのツールが自身の声を元にキャプションを自動で生成してくれます。しかし、Web Captionerと同様で、キャプションをゲストにリアルタイムで表示するには、画面を共有する必要があります。又、このアプリのもう1つの優れた点は、プレゼンテーションが終了し、キャプションの処理が完了したら、テキストをエクスポートしてゲストに送信できることができます。 Otter.aiの機能にもっと興味がある場合は、有料プランもあります。

詳しい詳細ついてはこちらのリンクからアカウントを作成する事ができます。

以上が Remo Conference にて字幕機能を使う方法についてでした。他にも沢山、別のアプリが存在するのでお客様に合ったアプリをお試しください!又、お勧めしたいツールでもありましたらお気軽にお知らせください!