ホワイトボード機能は共同作業やメディア(動画)の共有などにご利用いただけます。会話モードの各テーブルにはそれぞれ専用のホワイトボードが用意されます。プレゼンテーションモードにも専用のホワイトボードがあり、スピーカー同士での共同作業をゲストに表示することができます。


※こちらはDeskleのホワイトボードに関する記事となっております。Miroのホワイトボードをご利用の方はこちらの記事をご参照ください。


ご自身がどのホワイトボードを利用しているかはホワイトボード開始後、画面左上でご確認いただけます。


ホワイトボードでできること:


1. ホワイトボードをご利用になる際は画面下のメニューバーの「その他」をクリックし、「ホワイトボード」をご選択ください。


2. ホワイトボードでご利用可能な機能は画面左のバーからご選択いただけます。


ご利用可能な機能:

  • テキストの追加


  • 付箋の追加


  • 形の追加


  • 矢印の追加


  • ペン


  • ご利用の端末、Google Drive、URL、Dropbox、Box、Adobe CCからファイルをアップロード

ファイルは50MBまでアップロード可能です


  • 動画やウェブページなどの埋め込み


  • 20種類以上のテンプレート


貼り付けた付箋や形などを全て選択した際に現れる三つの点のアイコンをクリックし「Save as template」を選択することで、ご自身で作成したテンプレートの追加も可能です。

現在、ホワイトボード内でのNested Boards機能はご利用いただけませんのでご了承ください。


3. Deskleではイベント開始前にホワイトボードにリンクなどを貼り付けることができます。


スポンサーブースの例


グループ用のアイスブレイキングアクティビティの例


テーブル移動後もDeskleのホワイトボードはリセットされませんので、イベント終了時まで必要な情報をご掲載いただけます。



4. 右上の「Export」ボタンをクリック後に表示される、「Save as image」を選択することでホワイトボードのスクリーンショットを保存いただけます。


画像ファイルとして保存したい範囲を選択あと、「Save」ボタンをクリック



「Download」をクリック



ホワイトボード機能のご利用方法は以下の動画でもご確認いただけます:


ホワイトボードの基本的な機能


ホワイトボード機能のご利用方法