RemoのイベントではYouTubeのライブ配信を再生することができます。


会話モードで利用する場合:左側のビルボードでライブ配信を再生することができます。

プレゼンテーションモードで利用する場合:"Share Video"をご選択いただくとライブ配信を再生することができます。


なお、方法問わずRemoでライブ配信を流すには以下の条件が満たされている必要があります。

  • お客様のYouTubeアカウントがライブ配信できる状態にあること(通常ライブ配信可能になるまで最大24時間かかります)
  • ライブ配信のURLを把握していること


ステップ1:YouTubeでのライブ配信を可能にする


1. YouTubeアカウントにログインする


2. 画面左の設定」をクリックする



3. 「チャンネルのステータスと機能」をクリックする


4. 「機能の利用資格」をクリックし、「電話番号の確認」を選択する



5. 手順に沿って電話番号を承認し、ライブ配信の作成を許可する



電話番号承認後、ライブ配信利用可能になるまで最大24時間かかりますのでご注意ください。




ステップ2:ライブ配信を作成する


1. 画面右上のビデオアイコンをクリックし、「ライブ配信を開始」をクリック



2. ライブ配信すぐに配信する、または日程を調整するを選択する



3. 配信の種類(パソコンのビデオを使用する、または配信ソフトウェアを使用する)を選択する




OBSを使用したライブ配信をRemoで流す方法についてはこちらの記事をご参照ください。



4. 必須項目に情報を入力し、次へ」をクリック



5. 「共有」をクリック



6. ライブ配信へのリンクをコピーする




ライブ配信を開始する際には必ず画面右上の「ライブ配信を開始」をクリックしてください。



ステップ3:YouTubeのライブ配信のリンクをRemoに入力する


会話モードで表示される左側のビルボードで流す場合


1. ライブ配信を流したいイベントの"Event Settings"を開く


2. "Floor Plan"を選択し、"Billboards"までスクロールする




3. "Left Billboard"をクリックし、作成したYouTubeのライブ配信のリンクをペーストする


ライブ配信を自動的に再生したい場合、リンク末に"?autoplay=1"または"&autoplay=1"を追加してください。



4. "Go to Summary"をクリックし、"Save Event"を選択する


5. 左側のビルボードで作成したYouTubeのライブ配信が再生されます




プレゼンテーションモード"Share Video"から流す場合


1. 画面下のメニューバーの"Present"をクリックし、プレゼンテーションモードを開始する


2. 画面下のメニューバーの"More"をクリックし、"Share Video"を選択する



3. 作成したYouTubeライブのリンクをペーストする。自動的に再生したい場合は"Autoplay"をクリックする



4. "Save"をクリックする



5. ライブ配信が再生されます




ライブ配信が終了した際は画面右上の「ライブ配信を終了」をクリックしてください。




Tips: ゲストが遅れてイベントに参加した場合、ライブ配信は最初から再生される場合がございます。もしゲストに現在再生しているものを見せたい場合、ライブ配信をフルスクリーンにし、画面下の"LIVE"をクリックするようにお伝えください。