以下を始められる前に、こちらの リンク からマイク及びカメラのテストを行ってください。こちらを行うことにより問題を見つけることができます。

Windows 10

Windows 10では、デフォルトのマイクを設定することができますが、どのアプリケーションでカメラを使用できるかを管理するシステム上のカメラアクセス許可も行うことができます。



Windows 10のカメラアクセス許可

Microsoft アイコンをクリックし、カメラプライバシーを検索
「このデバイスのカメラへのアクセスはオンになっています」の下の「変更」ボタンをクリック
オンになっている場合は、オフにして再びオンにします。
「アプリがカメラにアクセスできるようにする」をオン
最後にアプリリストにおいて、Chrome にカメラのアクセス許可を与えるために、カメラアクセスをオン



Windows 10のマイク設定

「サウンド」を検索バーから検索し、サウンド設定に入り、マイク設定を変更することができます。「入力」をスクロールし、ドロップダウンメニューから適切な入力デバイスを選択してください。マイクが正常に作動しているか確認するためにマイクテストを行ってください。





マイクのアクセス許可

「マイク」を検索バーから検索し、マイク設定に入ります。「変更」をクリックして、オンであることを確認

既にオンになっている場合は、オフにしてから再びオン



「アプリがマイクにアクセスできるようにする」をオン



最後にアプリリストにおいて、Chrome にカメラのアクセス許可を与えるために、カメラアクセスをオン



Windows 10のカメラアプリのリセット

カメラアプリをリセットすると、Windows 10でカメラが機能しなくなる可能性のあるシステムの不具合を修正し、アプリを再起動できます。

Step 1 PCの設定 >アプリ >アプリと機能 >カメラ

Step 2 カメラのアプリケーションを選択し、詳細オプションをクリック

Step 3 「リセット」をクリック



Windows 10 のその他の解決策

「F8」を押します。
原因は不明ですが、「F8」キーを押すとカメラが作動することがあります。なお、「F8」キーを押すことで解決しない場合もございますので、ご注意ください。

Microsoftウェブカメラのドライバーの確認
ウェブカメラのドライバーが原因でWindows 10のカメラが作動しない可能性がありますので、ウェブカメラのドライバーをご確認ください。

Step 1 デバイスマネージャーを開く

Step 2 イメージングデバイスを確認

Step 3 ウェブカメラのドライバーを右クリックし、プロパティを開く



Step 4 ドライバーのタブの「ドライバーの詳細」をクリックし、stream.sys ファイルがあるか確認します。そのファイルがある場合、ウェブカメラが古くWindows 10上で作動することができません。新たなウェブカメラを取り付ける必要があります。



ドライバーを元に戻す、又は更新する
ウェブカメラドライバーにstream.sysがない場合、ドライバーを元に戻す、又は更新する必要があります。

Step 1 デバイスマネージャーでウェブカメラを検索

Step 2 右クリックをし、プロパティを選択

Step 3 ドライバータブをクリックし、ドライバーを古いバージョンに戻すために「ドライバーを元に戻す」をクリック

Step 4 「ドライバーを元に戻す」が選択不可能な場合、アンインストール > このドライバーのソフトウェアを削除します、を選択。削除後、デバイスマネージャーに戻り、操作 > ハードウェアの更新をスキャン、をクリックし、ウェブカメラを再インストール



更新を有効にするために、PCを再起動します。

デバイスマネージャーにイメージングデバイス又は内蔵カメラがない場合、ドライバーを再インストールするために、ハードウェアの更新をスキャンしなければならないこともあります。上記の方法で解決しない場合、ウィルス対策ソフトが有効になっているか確認し、有効であれば一時的に無効にします。そしてその状態でカメラが作動するか確認します。

Windows 10カメラ・エラーの解決方法(Error 0xA00F4246/0x887A0004)

Windows 10を新規インストールした後error0xA00F4246(0x887A0004)というエラーでカメラアプリが立ち上がらない場合は、以下の手順をお試しください。
カメラアプリを 設定>システム>アプリと機能 からリセットします。
プラバシー設定を確認し、カメラアプリやその他のアプリにカメラアクセス許可が与えられているか確認します。
ハードウェアやデバイスのトラブルシューティングを行います。スタート>検索>トラブルシューティングに行きます。ツールを開き、ハードウェアとデバイスをクリックします。トラブルシューティングを行います。ウェブカメラドライバーの再インストール又は更新をします。デバイスマネージャーを開き、イメージングデバイス又は内蔵ウェブカメラを選択し、ドライバーをアップデートします。アップデートがない場合、削除しドライバーを再インストールします。

これらの手段で解決しない場合は、新たなレジストリ値を追加してレジストリ内蔵カメラ又は外部カメラを直します。

Step 1 レジストリエディターを開く。Windows + R キーを押し、regedit を入力し Enterキーを押す。

Step 2 HKEY_LOCAL_MACHINE> SOFTWARE > Microsoft > Windows Media Foundation > Platform をクリック

Step 3 Platformの下の空白を右クリックし、New > DWORD (32-bit) 値をクリックし、 EnableFrameServerModeという新たな値を作成します。

Step 4 EnableFrameServerMode値をダブルクリックし「0」を入力します。「OK」をクリック



カメラが正常に作動するためにコンピューターを再起動します。

Windows 10カメラ・エラーの解決方法(Error Code 0xA00F4243)

Windows 10を新規インストールした後、error 0xA00F4243 により「他のアプリを閉じています。他のアプリがすでにカメラを使用しているようです。」というメッセージが表示され、カメラアプリ又はスカイプなどのアプリが内蔵カメラを使うことが不可能な場合があります。



このような問題がある場合、以下の解決策をお試しください。

カメラを使用するアプリを無効にする。

Step 1 設定>プラバシー>カメラをクリック

Step 2 カメラを使用する全てのアプリをオフにする。

カメラを使用するアプリを開く際に、アクセスする許可を求めます。これにより、他のアプリがカメラを使用していないことが確認できます。

タスクマネージャーの確認

Step 1 ツールバーの空白をクリックし、タスクマネージャーを選択

Step 2 タスクマネージャーのプロセスタブから、カメラを利用しているアプリを閉じます。



また、サービスタブ内のIntel(R)RealSense(TM)Depth camera Manager Services がストップしている場合は、サービスを開始することでカメラが作動します。

カメラドライバーの更新

カメラドライバーが更新されていない又は壊れている場合にこのエラーが発生します。

Windows 10のカメラが再び作動するためにはカメラドライバーを更新する必要があります。

デバイスマネージャーを開き、イメージングデバイスを選択
ウェブカメラのドライバーを右クリックし、「ドライバーソフトウェアの更新」を選択。画面上の指示に従って、更新を行います。
この記事は役に立ちましたか?
キャンセル
ありがとうございます