こちらの記事ではカスタムフロアプランをデザインする際におすすめのデザインソフトを紹介しています。



1.   Illustrator


このソフトの様々なツールを使用して、オリジナリティに溢れたカスタムフロアプランをデザインできます。Illustratorは、デザインの自由度が高いのでとても使いやすいですが、初めて使用するユーザーにとっては、操作が少し難しく感じることがあるかもしれません。しかし、Illustratorはその絶大な人気のため、オンライン上にはたくさんのチュートリアルが用意されており、使い方を簡単に学ぶことができます。


MacとWindowsの両方に対応しており、デザインソフトを初めて使う方にはとてもお勧めです。(7日間の無料トライアルがあります。)ただしIllustratorを使うには、お使いのコンピュータにソフトをインストールする必要があります。また、このソフトは有料のため、無料トライアル期間終了後は毎月のお支払いが必要になります。


Adobe Illustratorについて詳しい情報はこちらをご参照ください。



2.  Sketch(Macのみ対応)


Sketchはデジタルデザイン専用のベクターグラフィックエディタです。Sketchを使用する最大の魅力は、ユーザーどうしで助け合い、アドバイスを求めることができるユーザーコミュニティです。プラグインやコンポーネントを持ってこられるたくさんのユーザーがいるので、フロアプランのデザインを簡単に始めることができます。Sketchには30日間の無料トライアルの他に、個人向け(1回払い)とチーム向け(月額または年額制)の2つのお支払いオプションがあります。


しかし一方で、SketchはAdobeのようにファイルをスムーズに扱えないことがあり、ラグが発生することがあります。また、Sketchで利用できる一部のツールではプラグインを使用する必要がある場合があります。


Sketchについての詳しい情報は、こちらをご参照ください。


FigmaInkscapeまたはAdobe Photoshopでカスタムフロアプランを作成する際に問題が発生することが発覚しました。カスタムフロアプランを作成いただく際、これらのソフトウェアのご利用はお控えください。


カスタムフロアプランの作成は、SVG形式でエクスポートできるものであれば上記のソフトウェア以外でも可能です。