Remoのカスタムイベントブランディング機能を使用すると独自のブランディングを表示する事が可能です。こちらの記事では、カスタムイベントブランディング機能でできる事とできない事について、ご案内いたします。


注意事項:カスタムイベントブランディングは、ご契約のプランによりご利用いただけない場合がございます。詳細は料金ページをご確認ください。


カスタムイベントブランディング機能を有効化する方法はこちらの記事をご参照ください。


カスタムイベントブランディングについて


  • 会話モードでは、イベント会場の画面右上に独自ロゴは表示されます:
  • プレゼンテーションモードでは、独自ロゴは画面左上に表示されます:

  • ランディングページでは、独自ロゴは画面左上に表示されます。

  • 以下のスクリーンショットのようにメニュー画面に表示される Remoのロゴを独自ロゴに切り替える事もできます


  • カスタムドメインを設定する事も可能です。カスタムドメインを使って会議用のURLなどを追加する事ができます。例:http://events.yourdomain.com/youreventではなく、https://live.remo.co/e/yourevent  と編集する事が可能です。カスタムドメインの設定方法についての詳しい詳細はこちらからアクセスしてください。
注意事項:カスタムドメインは、ご契約のプランによりご利用いただけない場合がございます。詳細は料金ページをご確認ください。


カスタムイベントブランディングの制限について

  • Remoのログインページはカスタマイズする事はできません。その為、以下の画面ショットの通りとなります。


  • 自動で送付されるゲスト、イベントマネジャー、スピーカーへの招待メール本文はカスタマイズする事はできません。


※ 自動送付される招待メールの送信をオフにする事は可能です。詳しい詳細はこちらから。


注意事項:カスタムイベントブランディング機能をご利用いただいた場合でも「Powered by remo」は表示されます。こちらの表示を消すことはできません。