以下を始められる前に、こちらのリンクから環境設定をご確認ください。これにより、問題があるかどうかを見つけることができます!

モバイルデバイスからRemoをご利用していただく場合は、ベータ版の使用となります。できるだけ、パフォーマンスの向上を考え、ノートパソコン又は、デスクトップのご利用を推奨します。詳しい詳細につきましては、こちらのリンクをご参考ください。



解決策 1: iOS のバージョン/ブラウザーの確認


現時点では、Remo Conferenceは iOS 12.4.1+ 以降、のSafariブラウザーのみをサポートしています。


対応のモバイルデバイスとブラウザの一覧はこちらで確認してください。

Remo Conference対応のモバイルデバイスやブラウザについて


以下の手順に沿って iOSのバージョを確認してください:



注意事項:以下の手順は iOS8 が導入されている iPhone 6s を使用してテストしたものです。そのため、お客様のお手元にある最新の iOS のバージョンと画面が異なる恐れがございます。ご了承下さい。




1. iPhone で[設定] アプリを開きます。



2. スクロールダウンし、[一般]をタップします。



 3. [情報]をタップします。



4. システムバージョン(または[ソフトウェアバージョン])の項目で現在の iOS バージョンを確認します。


:以下のスクリーンショットは iOS 8.1.3 のバージョンを示しておりますが、設定上、iOS 8となります。




解決策 2: Safari上でマイクとカメラのアクセス許可


iOS 12 を使用しているユーザーの場合:


1.  iPhone で[設定] アプリを開きます。



2. スクロールダウンして、[Safari] をタップします。



3. カメラとマイクの許可】をタップし、ボタンが緑色に切り替わっていることを確認します。



iOS 13 を使用しているユーザーの場合:



1. iPhone で[設定] アプリを開きます。

2. スクロールダウンして、[Safari] をタップします。



3. 画面下へスクロールし、[カメラ]をタップします。



4. [許可]を選択、またはすでに許可に選択されている事を確認します。



3.4 前の画面に戻り、[マイク]をタップします。


3.5 許可]を選択、またはすでに許可に選択されている事を確認します。




iOS13アップデートで、これまではSafariでみるサイトすべてに適用されていた表示に関する設定や、アクセスの許可を、Webサイトごとに細かく設定することができるようになりました。設定手順は以下の通りです。


1. カメラとマイクを設定したいサイトを Safari で開きます。


2. 左上に表示されている [AA] のアイコンをタップします。



3. [Webサイトの設定]をタップしてください。



4. 設定画面に表示されている[カメラ]または、[マイク]をタップして、許可]を選択、またはすでに許可に選択されている事を確認します。




 

上記のオプションが表示されない場合、Webサイトへのアクセス許可に失敗した可能性があります。このような問題が起きた場合は再度、Webサイトを更新して上記のステップを繰り返してみてください。