マイクやカメラが起動せず、画面下のメニューバーに表示されるカメラとマイクの横に赤い✖が表示されている場合、ブラウザのマイクやカメラへのアクセスが許可されていない可能性があります。


この記事では、Microsoft Edge にカメラとマイクのアクセスを許可する方法を紹介します。Chromeをお使いの方はこちらの記事を、Firefoxをお使いの方はこちらの記事を、Safariをお使いの方はこちらの記事ご覧ください。


現在Remoが対応しているブラウザはChrome、Firefox、SafariとMicrosoft Edgeのみです。他のブラウザを使用している場合は、まずこれら4つのいずれかを使用し、マイクやカメラの問題が解決するかどうかをお試しください。

 

解決策1: ブラウザにカメラとマイクにアクセスできるようにする

Microsoft Edge にマイクやカメラの使用を許可するには、以下の手順に従ってください。:


1. 下部メニューのツールバーの「マイク」または「カメラ」ボタンをクリックする。



2. 画面左上にカメラやマイクの使用許可を求めるポップアップが表示されます。「許可」をクリックします。



3. 上記のポップアップが表示されない場合は、URLの左側にある「鍵マーク」アイコンをクリックして、「カメラ」と「マイク」が「許可」されているかどうかを確認してください。


解決策2:ブラウザのマイク/カメラ設定を確認する。

また、ブラウザの設定を変更することで、カメラやマイクのアクセス許可をすることもできます。

1. Remoのイベントスペースで、右上のURLの横にある「詳細」ボタン(•••)をクリックし「設定」をクリックします。

2. 「Cookieとサイトデータ」のタブを選択し「カメラ」か「マイク」をクリックします。


3. 「アクセスする前に確認する」のラジオボタンをオンにします。

既にオンとして設定されている場合、設定をオフにし、再度オンにしてください。



4. カメラ/マイクの設定画面が開きます。お使いなりたいカメラ/マイクがリストに表示されていることを確認し、live.remo.co のURLがブロックリストに表示されていない事を確認してください。ブロックされている場合は「ゴミ箱アイコン」をクリックしてブロックリストから排除してください。