Remo Conferenceにてエラーが発生した場合の報告方法は次の通りです。


エラーの報告方法


1. エラーが発生したページにて「Javascript Console」を以下の手順に沿って開いてください。


Chrome: 

  • Windows: Control + Shift + J 
  • Mac: Command + Option + J


Firefox: 

  • Windows: Control + Shift + K 
  • Mac: Command + Option + K


Safari (Macのみ):

  • 画面上のメニューから「Safari」 > 「環境設定」を選び、開いたウィンドウ内の詳細タブ選択します。メニューバーに開発メニューを表示のチェックボックスをチェックして有効にし、 Command + Option + Cをクリックしてください。


以下のブラウザは現在、Remo Conferenceでサポートされておりません。しかし、念の為これらのブラウザをご利用している場合は、Chrome又はFireFoxにブラウザを切り替え問題が解決するかどうかをご検証ください。:


Microsoft Edge 又は Internet Explorer: 

  • F12」をキーボードで選択する


Brave 又は Opera: 

  • Windows: Control + Shift + J 
  • Mac: Command + Option + J


2.  開いたウィンドウ内の「コンソール」タブを選択し、以下のスクリーンショットの様にメニューアイコンをクリックして「エラー」をクリックしてください。



3.  こちらのフォームにエラーの詳細(スクリーンショット等)を記入してください。


4.  可能であればエラー内容が記載されたメッセージとJavascript のコンソールのスクリーンショット両方をフォームに添付してください。


直面したエラーを報告していただきありがとうございました。弊社の開発者にエラー内容を確認し、問題解決に向けてサポートさせていただきます。