エラーを報告する方法


発生したエラー(問題)について、下記詳細を「チャットサポート」または「[email protected](日本語対応)」へ、ご連絡ください。



Remo Conferenceにてエラーが発生した場合、以下の情報をご提供ください

  • エラー(問題)の詳細
  • どのような挙動を行った後にエラーが発生したか
  • (あれば)該当のイベントリンク/URL
  • エラーが発生した日時
  • エラーを経験したユーザーのメールアドレスとフルネーム
  • ブラウザ & OS(+ バージョン)またはマイクとカメラのテストページのスクリーンショット
  • エラーが発生した当時、ユーザーがVPNとファイアウォールをオンにしていたか否か
  • エラー発生時のスクリーンショット、または動画


対応したRemo 担当者に以下の提出を求められる場合もございます

  • 問題発生時の「Javascriptコンソール」画面のスクリーンショット
    ※ 手順は下記をご参照ください



Javascriptコンソール画面のスクリーンショットを撮る方法


モバイル端末でエラーが発生した場合はこちらの記事をご参照ください。

1. 以下のショートカットで、エラーが発生したページからJavascriptコンソールを開けます:


Chromeの場合:

  • Windows: Control + Shift + J
  • Mac: Command + Option + J


Firefoxの場合:

  • Windows: Control + Shift + K
  • Mac: Command + Option + K


Safariの場合:

  • Mac: Command + Option + C


上記で開けない場合、画面上部のメニューバーから「Safari」から「環境設定」をクリック後、「詳細」をクリックします。「メニューバーに"開発"メニューを表示」にチェックを入れ、Command + Option + Cを同時に押します。


Microsoft Edge:

  • F12を押す
上記以外のブラウザを使用している場合は、一度上記の対応ブラウザからのアクセスをお試しください。


2. Javascriptコンソールを開き、「コンソール」タブをクリックします。メニューボタンをクリックすると、「エラー」タブが表示されます。「エラー」タブで表示される内容のスクリーンショット(可能であればバグレポートを含むもの)を取り、ご送付ください。