複数のイベントを同時に開催できます(同時に開催できるイベントの数は有料プランにより異なります)。


同時に開催できるイベントの数は有料プラン詳細ページでご確認いただけます。


複数のイベントを同時に管理する方法についてはこちらの記事をご参照ください。



同時開催の例:


1. 全く同じ時間に開始・終了する



2. 同時に開始し、終了時間はずらす



3. 開始時間と終了時間が同じである場合も同時開催としてみなされます



上記の場合、イベント1が午前5時に終わり、イベント2が午前5時に始まるため、イベント1と2は同時に開催しているとみなされます




同時に開催できるイベントが2つの場合の例:


以下のように1つ目のイベント開始後に2つ目のイベントを開始することができます。



以下の場合は1つ目のイベントの終了時間と2つ目のイベントの開始時間がかぶっているため、同時開催とみなされます。



そのため、部分的にかぶってしまうため、3つ目のイベントを作成することはできません。



また、以下の例でも2つのイベントの終了時間と開始時間がかぶってしまうため、3つ目のイベントを作成することはできません。