ホワイトボード機能は共同作業やメディア(動画)の共有などにご利用いただけます。会話モードの各テーブルにはそれぞれ専用のホワイトボードが用意されます。プレゼンテーションモードにも専用のホワイトボードがあり、スピーカー同士での共同作業をゲストに表示することができます。


Deskleのホワイトボードをご利用の方は こちらの記事 をご参照ください。ご自身がどのホワイトボードを利用しているかはホワイトボード画面の左上でご確認いただけます。


  Miroのホワイトボードでできること: 
★ ボードの開き方

★ 機能

★ ロック(コンテンツ)

★ 保存

★ エクスポート


ホワイトボードの開き方


1. ホワイトボードをご利用になる際は画面下のメニューバーの「その他」をクリックします。

2.「ホワイトボード」をご選択ください。



Miroのホワイトボードを開いた際に以下のようなエラーメッセージが表示された場合は、こちら の解決策に沿って対応してください。

Miroホワイトボードの機能


ホワイトボードでご利用可能な機能は画面左のバーからご選択いただけます。

様々な機能の詳細については こちらの記事 をご参照ください。

ホワイトボードのコンテンツをロックする


この操作は ホワイトボード所有者(詳細は画像の下をご参照ください)に限ります。

コンテンツを他のユーザーに移動されないようにロックする:

1. ロックする対象のコンテンツをクリックする

2. クリックしたコンテンツの上部に表示される鍵マークをクリックし、ロックする


ロックを解除する:

1. ロックされた対象のコンテンツをクリックする

2. 上部に表示される鍵マークを長押し、ロックを解除する



所有者とはMiroのアカウントにログインし【最初にホワイトボードを作成したユーザー】が所有者となります。その為イベント開催前にホスト(またはイベントマネージャー)はMiroでアカウント作成、またはMiro アカウントへのログインを行い各ホワイトボードの内容を必ず保存していただくことをオススメします。
ホスト (またはイベントマネジャー) でMiroボードの所有者としてアクセスできない (すでに所有者が別にいる) 場合の対応策は こちらの記事 をご参照ください。

ホワイトボードを保存


ホワイトボードの内容を24時間以上保存したい場合はMiroアカウントを事前に作成(またはお持ちのアカウントでログイン)する必要があります。


Miroボードの編集内容を保存する際は、画面中央の「Sign up to Save」をクリックし、Miroのアカウントログイン画面が表示されます。ページの手順に沿ってアカウントの作成または、Miroのアカウントにログインしてください。


既にアカウントをお持ちでログインされている場合は「Save to my boards」をクリックして編集内容を保存してください。


注意事項:24時間以内にホワイトボードの内容を保存しない場合、自動で削除されます。ご注意ください。したがって、ホワイトボードの内容を24時間以上保存する場合は、必ずMiroにてアカウントを新規作成し、ログインしてください。


ホワイトボードの内容を保存できるのはMiroのアカウントにログインされたユーザーのみです。Miroのアカウントにログインし、最初にホワイトボードを作成したユーザーが所有者となります。したがって、イベントホスト(管理者またはイベントマネジャー)としてイベント開催前にホワイトボードの内容を必ず保存していただくことを推奨します。



ホワイトボードをエクスポート


ホワイトボードの内容を個人のデバイスにエクスポートする場合は、Miroアカウントにログインする必要があります。


ホワイトボードをエクスポートする場合は、Miroのアカウントを作成し、ログインした後、上記の手順(ホワイトボードの保存の詳細)が完了していることを確認ください。


ホワイトボードの画像をエクスポート

  • セクポートする対象の画像やコンテンツを選択してください。
Shitキーを押して各コンテンツを選択するか、ホワイトボード全体をエクスポートする場合は、Windowsは「CTRL + A」、Macは「CMD + A」を押して全てのコンテンツを選択してください。
  • 「•」をクリックし、「Create Frame」を選択してください。
  • フレーム全体を選択後、フレームのツールバーから「•」をクリックし、「Export as Image」を選択します。ご希望の画像サイズを選択し、「Export」をクリックし、対象の画像をお手元の端末に直接保存することができます。



PDFをエクスポートする方法:

  • PDFとしてエクポートするために対象となるコンテンツを選択してください。
Shitキーを押して各コンテンツを選択するか、ホワイトボード全体をエクスポートする場合は、Windowsは「CTRL + A」、Macは「CMD + A」を押して全てのコンテンツを選択してください。
  • 「•」をクリックし、「Create Frame」を選択してください。
PDFとしてえくポートする際は、複数のフレームを作成する必要があります。フレームとして選択したコンテンツはPDFとしてエクスポート後各ページに表示されます。
  • フレーム全体を選択後、フレームのツールバーから「•」をクリックし、「Export as PDF」を選択します。ご希望の画像サイズを選択し、「Export」をクリックし、対象のコンテンツをお手元の端末に直接PDFとして保存することができます。


RemoではMiroをRemo上で表示するシステムの為、Miroの仕様が引き継がれます。

上記に記載がないMiroの詳細は、恐れ入りますが直接Miroにて、ご確認ください。


Miro ウェブサイト:  https://miro.com/
Miro ヘルプセンター: 
https://help.miro.com/hc/en-us
Miro アカデミー: 
https://academy.miro.com/
Miro エキスパート: 
https://miro.com/experts/